Interface 2016年5月号増刊

FPGAマガジン No.13 入門もホビーもピッタリ! ワンチップFPGA=MAX 10【PDF版】

  • 新着コンテンツ
  • いちおし!
  • ダウンロード
コンテンツコード DPMIFZ201605
著者 FPGAマガジン編集部
発行元 CQ出版社
価格(ライセンス料金) 2,376円
仕様 B5判 144ページ PDF 約46Mバイト
発行日 2016/05/01
更新日 2016/04/25
  • CQ Webshopで商品を購入
  • カートに入れる
制限 ダウンロード制限: サービス停止まで
ライセンス条件 ●本書は著作物であり,著作権法により保護されています.本書の一部,または全部を著作権者に断りなく,複製または改変し他人に譲渡すること,インターネットなどに公開することは法律により固く禁止されています.違反した場合は,民事上の制裁および刑事罰の対象となることがあります.
●本書は,CQ出版社から出版された,2016年5月1日発行の同タイトルの雑誌・書籍をPDFファイルとしたものです.電子版制作の都合上,オリジナルの書籍と比べて,一部の書体や線の太さ・種類が変更になっている場合があります.また,電子版という性格から,オリジナルの書籍と同一のプリント品質は保証できません.ご了承ください.
●予告なく,本サービス(Tech Village 書庫&販売)を一時休止または終了することがあります.サービス休止時やサービス終了後は,本コンテンツをダウンロードまたは閲覧できなくなります.

解説

 ※ 本コンテンツは,2016年4月25日発売の『FPGAマガジン No.13』をPDFファイルとしたものです

 Altera社から新世代エントリー向けFPGAとして“MAX 10”が登場しました.MAX 10の最大の特徴は,FPGAとして必要なコンフィグレーション・メモリをデバイスに内蔵している点でしょう.これまでのFPGAは,コンフィグレーション・メモリを外付けする必要があったので,これを内蔵したことで,部品点数の削減やセキュリティ的にもメリットがあります.さらに,Altera社製デバイスとして初めてA-Dコンバータも内蔵されました.
 MAX 10シリーズにはいくつかの品種が用意されました.このうち,MAX10がより使いやすいデバイスとなっているのは,3.3V単一電源動作品と,パッケージとしてQFPが用意されている点でしょう.
 コンフィグレーション・メモリやA-Dコンバータを内蔵したことと合わせ,3.3V単一電源動作品は外付け部品が非常に少なくて済むうえに,パッケージとしてQFPを使うことで,基板製造コストや部品実装コストも大幅に抑えられます.このようにMAX 10は,低コスト・システムの実現に不可欠な要素を備えているのです.
 本特集ではこのMAX 10に注目し,各種活用事例について詳しく紹介します.

目次

●特集 入門もホビーもピッタリ!ワンチップFPGA=MAX10


【みんなこれを待っていた!?】
3.3V単一電源動作,コンフィグレーションROM&A-Dコンバータ内蔵,そしてQFPパッケージ!
プロローグ みんな!MAX10を使おう!!

【スマホと楽々ワイヤレス通信!】
Odyssey MAX 10 FPGA Eval Kitを使った簡単スマホ連携FPGAアプリの作成
第1章 MAX 10+BLEモジュールでスマホ制御ラジコンを作る!

【これなら何にでも組み込める!】
最少8ピンDIPソケット上でも動く超小型MAX 10基板“CERASITE”登場!
Appendix 1 20ピン&40ピンDIPサイズMAX 10ボード2品種紹介

【FPGAなら動画対応も楽々!】
Raspberry Pi+USBカメラでは越えられない壁をFPGAで越える!
第2章 MAX 10+カメラ・モジュールで動き成分をディスプレイ表示

【MAX 10にHDMI/オーディオ/SDを拡張!】
MAX 10からSDカード上のファイル・アクセスも自由自在に!
第3章 トランジスタ技術増刊号付属MAX 10基板でHDMI&オーディオ出力!

【MAX 10でネットワーク!】
TSE(Triple-Speed Ethernet)コントローラの実装と評価版TCP/IPスタックの設定
Appendix 2 DE0拡張ボードを使ってMAX 10をEthernetに接続する!

【やっぱり純正評価ボードで始めたい!】
Keypadシールドを接続して複数スイッチ入力を1本のA-D入力で判定する
第4章 純正MAX 10評価キット+Arduinoシールドで試す初めてのMAX 10

【MAX 10の基礎知識】
Altera初のコンフィグレーションROM&A-Dコンバータ内蔵!Quartus Primeで開発!!
第5章 MAX 10の特徴と使用する開発ツール


高位合成関連
【ついに無償化!】
C言語からFPGAを開発できる高位合成ツールが無償で使える!
Vivado HLxの各エディションとHLS(THigh Level Synthesis)の特徴


最新技術
【AXIバスに違いはあるか?!】
FPGA部分にオリジナル3Dグラフィックス・コアを実装して描画時間などを計測する
Cyclone V SoCとZynqのAXIバスの共通点と相違点,その性能を比較する

【スイッチ操作でLEDを点灯制御】
FPGAからの割り込みをLinuxのアプリケーションでハンドリング
Cyclone V SoC&Zynq共通システムで割り込み制御を試す!

【HDMI入力対応のZYBOを使う!】
HDMI入力→画像処理→HDMI出力が安価に試せる!
入門評価ボードZYBOでHDMI(DVI)画像入出力を学ぶ

【ウィザードで簡単設定!】
定番&最新FPGAの研究 ?Xilinx編?
FPGAで高速シリアル通信 ?SERDESを使ってみる?


基礎解説

【CPUがなくても仮想シリアル・ポートが組み込める!】
接続初期化処理(エニュメレーション)をハードウェアが自動で行う
USBコミュニケーション・デバイス・クラス対応のUSBターゲット機器の製作

FPGAマガジン No.13 入門もホビーもピッタリ! ワンチップFPGA=MAX 10【PDF版】のレビュー

現在この本のレビューはありません

このページのトップへ戻る

※「書庫&販売」は,有料・無料の電子版(PDF版など)の技術書籍や技術ドキュメントを提供するサイトです.決済方法はクレジット・カード(VISA,MasterCard,JCB,American Express,Diners Club)のみとなります
※ コンテンツを購入する際には,CQ出版社のオンライン・サポート・サイトである「CQ connect」のアカウントが必要です
※ 各著作コンテンツには使用条件(ライセンス条件)が規定されています.使用条件に従わないご利用(違法な複製・改変・配布など)は固くお断りします

価格検索

円 ~ 円 


CQ出版社の紙の書籍・雑誌の購入はこちらで