アナログ回路設計オンサイト&オンライン・セミナ







 IoTの普及に伴い,多くのセンサが使用され,微小信号の増幅やAD変換などのアナログ技術が求められています.また,ディジタル技術で画一化が進むにつれ,製品の性能は,アナログ技術の差異が重要となっています.
 そこで,CQ出版では,アナログ回路を無料のシミュレータ(LTspice)を使用し,実務的に解説する「アナログ回路設計オンサイト&オンライン・セミナ」を開始します.
 本セミナは,2014年から6年間,毎週金曜日に配信しております,LTspiceメール・マガジン(約280タイトル)の中から,受講したいセッションを選択していただき,筆者が直接講演するセミナです.開催方法は,実際に貴社会議室で行うオンサイト(出張)とオンライン(Web会議)となります.

◆セミナの特徴
具体的な解説内容を見てからセミナを選択できるので,安心です
・実務経験の高い筆者が直接講演するので,実務レベルの質問が可能です
・開催方法は,オンサイト(出張)とオンライン(Web会議)が選べます

◆セミナの基本料金(20名まで)
セッション数/時間   金額(税別)
2セッション(2時間)   100,000円
3セッション(3時間)   150,000円
4セッション(4時間)   200,000円
5セッション(5時間)   250,000円
6セッション(6時間)   300,000円

◆セミナについて
・セミナのお申し込みは,1日,2~6セッションになります
・1セッションに付き1タイトルとなります
・開催時間は10時~17時の間となります
・セッションのスケジュールは基本的に連続となります
(例:3セッションの場合,13:00~,14:00~,15:00~)

・スケジュール例
10:00~11:00   1セッション
11:00~12:00   2セッション
12:00~13:00   休憩
13:00~14:00   3セッション
14:00~15:00   4セッション
15:00~16:00   5セッション
16:00~17:00   6セッション

・セミナは20名を超える場合,1名につき10,000円(税別)追加となります
・セミナ内容をカスタマイズする場合,費用が必要な場合があります
・オンサイト(出張)の場合,上記料金に交通費,宿泊費が必要となる場合がございます.

◆オンサイトについて
・机や椅子,プロジェクタ,スクリーンのある部屋の用意をお願いします
・東京から200kmを超える場合,交通費が必要となります
・東京から500kmを超える場合,交通費と宿泊費が必要となります

◆セミナ実施までの基本的な流れ
 お申し込みからセミナ実施まで,最短で約1カ月の準備期間が必要とお考えください.

●検討
 アナログ回路設計オンサイト&オンライン・セミナ講演内容一覧を参照していただき,貴社に必要なセミナをご検討ください.

●仮申し込み
 貴社で実施されたいセミナが決まりましたら,「セミナ仮申し込み」にご記入ください.

●講師依頼
 セミナ実施希望日で,講師への依頼を行います.日程の調整が出来次第ご連絡いたします.講師の都合で日程の変更,さらに,開催が出来ない場合がございます.また,日程決定後に「申し込み書」をお送りください.

◆お問い合わせ先
CQ出版社 アナログ回路設計オンサイト&オンライン・セミナ担当
TEL.03-5395-2138 E-mail. matsugen@cqpub.co.jp

トランジスタ技術 表紙

CQ出版社オフィシャルウェブサイトはこちらからどうぞ

CQ出版の雑誌・書籍のご購入は、ウェブショップで!


CQ出版社 新刊情報


近日発売

Interface 2021年 3月号

Pythonで信号処理[時系列データ 解析編]

トランジスタ技術SPECIAL

TRSP No.153 ずっと使える電子回路テクニック101選

ディジタル信号処理シリーズ

プログラム101付き 音声信号処理

Interface 2021年 2月号

作るOS・言語・コンパイラ 低レイヤ入門

CQ ham radio 2021年 1月号

2021年のアマチュア無線

アナログ回路設計オンサイト&オンライン・セミナ