32ページ増!まるまる1冊Picoの大特集

Interface 2021年8月号 ラズパイのマイコンPico攻略本【PDF版】

  • 新着コンテンツ
  • いちおし!
  • ダウンロード
コンテンツコード DPMIF202108
著者 Interface編集部
発行元 CQ出版社
価格(ライセンス料金) 1,130円
仕様 本誌231ページ PDF 約40Mバイト
発行日 2021/08/01
更新日 2021/07/01
  • CQ Webshopで商品を購入
  • カートに入れる
制限 ダウンロード制限: サービス停止まで
ライセンス条件 ●本書は著作物であり,著作権法により保護されています.本書の一部,または全部を著作権者に断りなく,複製または改変し他人に譲渡すること,インターネットなどに公開することは法律により固く禁止されています.違反した場合は,民事上の制裁および刑事罰の対象となることがあります.
●本書は,CQ出版社から出版された,2021年8月1日発行の同タイトルの雑誌・書籍をPDFファイルとしたものです.電子版制作の都合上,オリジナルの書籍と比べて,一部の書体や線の太さ・種類が変更になっている場合があります.また,電子版という性格から,オリジナルの書籍と同一のプリント品質は保証できません.ご了承ください.
●予告なく,本サービス(Tech Village 書庫&販売)を一時休止または終了することがあります.サービス休止時やサービス終了後は,本コンテンツをダウンロードまたは閲覧できなくなります.
※ 本コンテンツのサンプル(PDF版)はこちらで公開しています

解説

 ※ 本コンテンツは,2021年6月25日発売の『Interface 2021年8月号』をPDFファイルとしたものです
 

第1部 開発のための基礎知識
第2部 変幻自在プログラマブルI/O
第3部 ホストにもデバイスにもなれるUSB機能
第4部 リアルタイムOSを載せる
第5部 人工知能を載せる
第6部 限界突破!開発事例
第7部 RP2040の本質に迫る
特設:Picoのプロトタイプに!MicroPython

詳細な内容はこちら

目次

【特集 ラズパイのマイコンPico攻略本】

イントロダクション ラズベリー・パイのマイコン!?

51×21mmの小さなボディにデュアル・コアCPUと高機能I/Oコントローラを凝縮
第1章 これがラズベリー・パイPicoだ

カメラやLCDを搭載するAI向け高機能タイプも
第2章 RP2040搭載ボード&Pico用拡張ボード図鑑

Appendix1 今マイコンを始めるならコレ!Picoがお勧めな理由

Appendix2 Picoマイコンの立ち位置

Appendix3 公式の開発言語はC/C++とマイコン用Python

【第1部 開発のための基礎知識】

ラズパイ4向けの公式C/C++ SDKをWindowsやLinuxで使う
第1章 開発環境1…PCだけでPicoをプログラミング

VS Codeからリモート接続!メインPC環境に手を入れずに公式SDKが使える
第2章 開発環境2…PCからラズパイ経由でPicoをプログラミング

Arduino IDEで開発したスケッチをステップ実行!ブレークポイント設定や変数などの情報を見える化
第3章 汎用デバッガ×VS Codeで構築するデバッグ環境

新たな後継マイコンが登場してもアプリ側で対応しやすい
第4章 公式C/C++ SDKの構造とRP2040ハード機能の使い方

流入/流出電流値や内部プルアップ/プルダウン抵抗値など
第5章 実験でチェック!I/O端子の実力

Appendix1 700円マイコンESP32とPicoを比べてみた

【第2部 変幻自在プログラマブルI/O】

ハードウェア詳細とC/C++ SDKによる開発
第1章 使い方完全マニュアル

正確なタイミングの高速I/Oを作れる
第2章 プログラマブルI/Oの機能と簡易ライブラリ

GPIOにはできない速度!リアルタイムがうれしい
第3章 簡易ライブラリで複数のRCサーボや測距センサを動かす

【第3部 ホストにもデバイスにもなれるUSB機能】

USBホスト&デバイスのサンプル・プログラムを動かす
第1章 USB周りのハードウェア概要とライブラリTinyUSBの使い方

PCからはHIDデバイス&マス・ストレージとして見える
第2章 USBキーボードをCircuitPythonでサッと作る

【第4部 リアルタイムOSを載せる】

あのアマゾンの買収によりさらに機能が充実! 複数の処理もマルチタスクでシンプルに書ける
第1章 FreeRTOSを載せる方法

安定性や対応マイコンの多さなどから試作に使いやすい
第2章 ITRON仕様OS TOPPERS/ASPの載せ方

【第5部 人工知能を載せる】

開発環境のセットアップからマイコン向けサンプルの試し方まで
第1章 フレームワークTensorFlowの準備

加速度センサの値からスクワットやダンベル動作を推論する
第2章 オリジナルの学習済みモデルを動かす

【第6部 限界突破!開発事例】

64倍オーバサンプリングと1ビットΔΣ変換をソフトウェア実装 !
第1章 48kHz音源を1チップで再生!USBオーディオDACの製作

固定小数点演算/フィルタ/オシレータの工夫で
第2章 リアルタイム処理のために軽量化!シンセサイザの製作

【第7部 Windowsでマイコン直たたき!RP2040の本質に迫る】

C/C++でHello world!&Lチカ
第1章 自前のプログラムをビルドする

WindowsのPowerShell内でmake一発でプログラムをビルドしたい
第2章 公式SDKを使わずにLチカとUART通信

マルチコア・プログラムを公式SDKを使わずにアセンブラから書き下ろす
第3章 LチカとHello World!を2コアで並列動作させてみた

PIO専用アセンブラを使ってPWMパルス生成とUART通信
第4章 噂のプログラマブルI/Oはこう使う

【特設 Picoのプロトタイプに!MicroPython】

MicroPythonと相性抜群のThonnyで始める
第1章 開発環境を構築する

シリアル通信/PWM/ウォッチドッグ・タイマなど
第2章 GPIO活用リファレンス

浮動小数点演算とマルチスレッドの実行時間を他のマイコン・ボードと比較
第3章 MicroPython×Picoの実力検証

ライブラリ一覧とプログラム開発のポイント
第4章 PIOプログラミング[導入編]

定番Lチカからスイッチ入力,ロータリ・エンコーダ用ドライバまで
第5章 PIOプログラミング[事例集]

ESP32向けに書いたMicroPythonプログラムをPico向けにCircuitPythonで書いてみた
第6章 CircuitPythonの特徴と互換性

【箸休め】

僕たちラズパイ団農業編〈第56回〉
シソプラントのクライマックス

【ニュース&レポート&お知らせ】

YouTube時代の動画撮影のコツ〈第12回〉
勝負は15秒!オープニングの作り方

Interface 2021年8月号 ラズパイのマイコンPico攻略本【PDF版】のレビュー

現在この本のレビューはありません

このページのトップへ戻る

※「書庫&販売」は,有料・無料の電子版(PDF版など)の技術書籍や技術ドキュメントを提供するサイトです.決済方法はクレジット・カード(VISA,MasterCard,JCB,American Express,Diners Club)のみとなります
※ コンテンツを購入する際には,CQ出版社のオンライン・サポート・サイトである「CQ connect」のアカウントが必要です
※ 各著作コンテンツには使用条件(ライセンス条件)が規定されています.使用条件に従わないご利用(違法な複製・改変・配布など)は固くお断りします

価格検索

円 ~ 円 


CQ出版社の紙の書籍・雑誌の購入はこちらで