Y-Δ変換を使った積分回路



『LTspice Users Club』のWebサイトはこちら

■問題
アナログ回路の基礎 ― 初級

平賀 公久 Kimihisa Hiraga

 図1は,OPアンプ(U1)と抵抗(Ra,Rb,Rc,R1,R2,R3)とコンデンサ(C1)を用いた積分回路です.3つのY型に接続した抵抗(Ra,Rb,Rc)は,RaとRbが10kΩ,Rcが1kΩです.このY型の接続は,IN端子とOPアンプの反転端子間に,等価的な抵抗を作ります.図1の積分回路において,IN端子からOUT端子までのゲインが0dBとなる周波数は,次の(a)~(d)のどれでしょうか.なお,OPアンプは理想とします.


図1 OPアンプ,Y型に接続した3つの抵抗,コンデンサを使った積分回路
ゲインが0dBとなる周波数を求める.

(a)1.3kHz (b)8.0kHz (c)13.3kHz (d)14.6kHz

■ヒント

 Y型に接続した3つの抵抗(Ra,Rb,Rc)は,Y-Δ変換(スター・デルタ変換)を使い,IN端子とOPアンプの反転端子(-)間の等価的な抵抗へ置き換えることができます.ゲインが0dBとなる周波数は,Y-Δ変換後の抵抗ネットワークを図1へ適用し,入出力の伝達関数より求められます.Y-Δ変換は,3つの低い抵抗値で,等価的に高い抵抗を得ることができます.


■解答


(a)1.3kHz

 図1のY型に接続したRa,Rb,Rcは,Y-Δ変換すると図2となり,Δ型に接続したRab,Rbc,Rcaで表すことができます.


図2 Ra,Rb,RcをY-Δ変換

 ここで,Ra,Rb,Rcのアドミタンス(インピーダンスの逆数)は「Ya=1/Ra」,「Yb=1/Rb」,「Yc=1/Rc」となります.同じようにRab,Rbc,Rcaのアドミタンスは「Yab=1/Rab」,「Ybc=1/Rbc」,「Yca=1/Rca」となります.そこで,Rabは式1より120kΩとなります.

・・・・・(1)

 Rbcは,式2より12kΩとなり,

・・・・・(2)

 Rcaは,式3より12kΩとなります.

・・・・・(3)

 図1図2を比べると,a点は入力端子(IN),b点はOPアンプの反転端子(-),c点はグラウンドです.また,図1の非反転端子(+)は,OPアンプを理想とすれば電流は流れませんのでグラウンドです.よってb点はバーチャル・グラウンドとなり,Rbcの両端の電圧は同じとなります.以上より,図1の伝達関数「vOUT(s)/vIN(s)」は式4となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(4)

 ゲインは式4の絶対値をとって式5となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(5)

 式5が0dB(1倍)となる周波数は式6となります.そこで,解答は1.3kHzとなります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(6)


■解説

●Y-Δ変換について
 Y-Δ変換は,低いインピーダンスを用い,等価的に高いインピーダンスを得るときに用いる手法です.図3は,Y-Δ変換を計算するための回路で(a)がY型の接続,(b)がΔ型の接続です.(a)と(b)の回路の3つの端子(a,b,c)からみたアドミタンスが同じ,すなわちVa,Vb,Vcを印加したとき,流れ込む3つの電流(Ia,Ib,Ic)が等しくなる関係を導くと,変換式が得られます.


図3 Y-Δ変換の変換式を導くための回路

 図3(a)の中心ノードのKCL(キルヒホッフの電流則)より,式7となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(7)

 また,Va,Vb,Vc,V0の電圧を使い,3つの電流Ia,Ib,Icを求めると,式8となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(8)

 式7と式8より,中心ノードの電圧V0は式9となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(9)

 以上,図3(a)の3つの電流(Ia,Ib,Ic)は式10となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・(10)

 次に,図3(b)のΔ型の3つの電流(Ia,Ib,Ic)は式11となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(11)

 式11を整理して式12とします.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(12)

 式10と式12の3つの電流(Ia,Ib,Ic)が各々等しいとして整理すると,解答の式1,式2,式3となります.このように,Y-Δ変換は3つの低い抵抗値(Ra,Rb,Rc)で,等価的にRabの高い抵抗値を得ることができます.

●基本的な積分回路の特性
 まず始めに,図4(a)に示す抵抗(R1)とコンデンサ(C1)とOPアンプ(U1)で構成した,基本的な積分回路から解説します.図4(b)は,図1をY-Δ変換した積分回路で,図4(a)の基本的な積分回路との回路動作を比べるために用います.また,(b)の非反転端子(+)に接続した抵抗は,OPアンプの入力バイアス電流等の直流誤差を補償するための抵抗で,図4(a)の反転端子(-)からみた抵抗と同じになるようにしています.


図4 (a)が基本的な積分回路,(b)が図1をY-Δ変換した積分回路

 図4(a)の記号を用い,OPアンプのオープン・ループ・ゲインをA(s)として,積分回路の伝達関数を求めます.OPアンプの反転端子(-)の電圧をv’(s)とすれば,キルヒホッフの電流則(KCL)より,R1に流れる電流とC1に流れる電流は,式13の関係となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・(13)

 OPアンプの非反転端子(+)は,電流が流れませんので0V(GND)となります.よって,両入力端子の電圧差はv’(s)となり,OUT端子の電圧(VOUT)は式14となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(14)

 式13と式14より,基本的な積分回路の伝達関数は式15となります.

・・・・・・・・・・・・(15)

 ここで帰還率(β)は,式16となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(16)

 なので,式15は式17で表せ,式17より,積分回路の伝達関数は,ループ・ゲインA(s)β(s)が誤差の要因となります.一般にOPアンプのオープン・ループ・ゲインA(s)は,非常に大きく,ループ・ゲインも1より十分大きいため,無視できます.

・・・・・・・・・・・・・・・(17)

 次に図4(a)の基本的な積分回路と,図4(b)のY-Δ変換した積分回路と比べます.図4(b)のRabは,図4(a)のR1に相当します.RcaはIN端子に接続する信号源の負荷となり,信号源が十分ドライブできる能力があれば,伝達関数に影響しません.Rbcは,バーチャル・グラウンドとなるOPアンプの反転端子(-)とGND間にあり,抵抗の両端の電圧差は,ほぼゼロと考えることができるため,こちらも無視できます.図4(a)図4(b)は帰還率が異なりますが,OPアンプのオープン・ループ・ゲインA(s)が十分大きければ,ループ・ゲインも大きく,誤差は僅かとなります.よって,図4(b)のY-Δ変換した積分回路の伝達関数も「VOUT(s)/VIN(s)=-1/sC1Rab」で近似できます.

●積分回路の特性をシミュレーションで確認する
 図5(a)図1をシミュレーションする回路,図5(b)はY-Δ変換後の積分回路で,(a)との比較に用います.図5(b)のY-Δ変換した抵抗値(Rab,Rbc,Rca)は,解答の式1,式2,式3で求めた値です.


図5 (a)は基本的な積分回路,(b)は図1をY-Δ変換した積分回路

 図6は,図5のAC解析の結果です.図5(a)の出力(OUT1)と図5(b)の出力(OUT2)の周波数特性は重なっており,(a)と(b)は同じ周波数特性であることが分かります.また,ゲインが0dBとなる周波数は,解答の1.3kHzであることも確認できます.積分回路として動作する周波数範囲は,入力に対し出力の位相が90度遅れるところです.図6の位相周波数特性より,おおよそ1Hz~10kHzの範囲となります.


図6 図5のシミュレーション結果

 図7は,図5の回路を用い,振幅が±1V,立ち上がりと立ち下がり時間が1μs,周波数1kHzの矩形波「PULSE(-1 1 0 1u 1u 499u 1m)」を入力した解析結果です.回路が落ち着くまでの時間がかかるので,過渡解析の指定を「.tran 50 startup」と長くし,49.995秒~50秒までをプロットしました.矩形波を積分すると三角波になりますが,図7でも同様の波形が確認できます.


図7 過渡解析で積分回路へ矩形波を入力し出力をプロット

 以上,解説したように,Y-Δ変換を用いることにより,等価的に高い抵抗値を得ることができます.またアプリケーション例として,スターデルタ変換を積分回路へ応用しました.ここでは詳細を示しませんでしたが,OPアンプを使った回路ですので,時間に対する出力電圧の最大変化は,OPアンプのスルーレートで制限されます.また負帰還安定性を評価するループ・ゲイン周波数特性の高周波側は,OPアンプの周波数特性となります.よって,積分回路が発振せずに安定に動作させるためには,OPアンプが十分に位相補償されていることが必要です.


■データ・ファイル

解説に使用しました,LTspiceの回路をダウンロードできます.
LTspice4_017.zip

●データ・ファイル内容
Integrator_with_Star_Delta_Conv.asc:図5の回路

■LTspice関連リンク先


(1) LTspice ダウンロード先
(2) LTspice Users Club
(3) トランジスタ技術公式サイト LTspiceの部屋はこちら
(4) LTspice電子回路マラソン・アーカイブs
(5) LTspiceアナログ電子回路入門・アーカイブs
(6) LTspice電源&アナログ回路入門・アーカイブs

トランジスタ技術 表紙

CQ出版社オフィシャルウェブサイトはこちらからどうぞ

CQ出版の雑誌・書籍のご購入は、ウェブショップで!


CQ出版社 新刊情報



トランジスタ技術 2018年 8月号

電子回路500超 シミュレーション実験DVD

トランジスタ技術SPECIAL

ベスト・アンサ150! 電子回路設計ノウハウ全集(TRSP No.143)

Interface 2018年 8月号

IoT新技術 なるほどブロックチェーン

トランジスタ技術 2018年 7月号

プリント基板製作 超入門フルセットDVD

Interface 2018年 7月号

特集 360°&マルチ時代カメラ画像処理 特別特集 はじめての動画処理プログラム全集