ツェナー・ダイオードを使ったシャント・レギュレータの温度補償



『LTspice Users Club』のWebサイトはこちら

■問題

平賀 公久 Kimihisa Hiraga

 図1は,ツェナー・ダイオード(D1)を利用した簡単なシャント・レギュレータです.今回使用するD1の性能は,テスト電流(IZT)が5mAのとき,電圧(VZ)が11V,微分温度係数(TC)が+0.068%/℃です.
 図1には,温度補償の目的でD1からGND間に,ダイオード(D2)を直列に接続します.D2は,-1.77mV/℃の温度係数であり,D1の正の温度係数を打ち消すのが狙いです.
 この回路においてD1の微分温度係数を打ち消すため,直列に接続するD2の最適な個数は(a)~(d)のどでれでしょうか.


図1 ツェナー・ダイオードを使った温度補償されたシャントレ・ギュレータ
D1正の温度係数をD2の負の温度係数で補償する.

(a)3個,(b)4個,(c)5個,(d)6個

■ヒント

 今回は,ツェナー・ダイオードを使ったシャント・レギュレータの温度補償について解説します.まず,図1の回路において,ツェナー・ダイオードの微分温度係数を1℃あたりの電圧の変化へ換算します.その値をダイオードの温度係数で打ち消すために,何個必要かを計算します.

 ツェナー・ダイオードは,逆電圧によりPN接合がブレークダウンする領域を使用します.このブレークダウンは,低い逆電圧のツェナー・ブレークダウンと高い逆電圧のアバランシェ・ブレークダウンの2つによります.ツェナー・ダイオードの温度係数は,この2つのブレークダウンの特性が現れます.低い逆電圧のツェナー・ブレークダウンは負の温度係数,また高い逆電圧のアバランシェ・ブレークダウンは正の温度係数です.ツェナー・ダイオードの同じ型番で,電圧が異なる製品シリーズがあります.製品シリーズの電気的特性や特性例のグラフなどを見ると,電圧が高くなるほど正の温度係数が強くなることがわかります.

■解答


(b)4個

 ツェナー・ダイオードの温度係数は,微分温度係数を百分率に直した単位(%/℃)を使うのが一般的です.微分温度係数(TC)は式1となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1)

 図1のツェナー・ダイオード(D1)の微分温度係数(TC)は,+0.068%/℃ですので「TC=+0.00068/℃」です.また,ツェナー・ダイオードの電圧(VZ)は,11Vなので式1より1℃あたりの電圧の変化を求めると,式2となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2)

 温度補償に使うダイオード(D2)の1℃あたりの変化は「-1.77mV/℃」の負の温度係数ですのでD2を直列に接続して,式2の「+7.48mV/℃」を打ち消す最適な個数は,式3のように4個となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(3)

 このときの出力電圧(VOUT)は,式4となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(4)

■解説

●ツェナー・ダイオードの温度特性
 今回は,EDZV11Bのツェナー・ダイオードを用いて解説します.EDZV11Bは,テスト電流(IZT)が5mAのとき,電圧(VZ)が11Vとなるツェナー・ダイオードで+0.068%/℃の正の温度係数を持ちます.図2へEDZV11Bの温度特性を示します.

図2 EDZV11Bの温度特性
テスト電流(IZT)は5mA,電圧(VZ)は11V,温度係数(TC)は+0.068%/℃となっている.

 図2の27℃と37℃のツェナー・ダイオードの電圧より,1℃あたりの電圧変化は7.47mV/℃です.この温度変化を,百分率に直した微分温度係数で表せば,式5の0.068%/℃となります.解答では式5の逆の計算をおこない,1℃あたりの電圧変化を求めています.

・・・・・(5)

●温度補償した効果をLTspiceで確かめる
 図3は,図1シミュレーションする回路です.解答で求めた4つのダイオード(D2,D3,D4,D5)を直列に接続しました.電源電圧(VS)は15V,抵抗(RS)は22Ω,負荷抵抗(RL)は270Ωとし,負荷電流が約50mAとなります.また,ツェナー・ダイオード(D1)の許容損失(PD)は150mWです.また,ダイオード(D2,D3,D4,D5)は,汎用スイッチング・ダイオード(1N4148)で許容損失(PD)が500mWです.


図3 図1をシミュレーションする回路
D2,D3,D4,D5の4つのダイオードを直列に接続した.

 図4は,図3で温度を-40℃~100℃間をスイープし,出力電圧の変化を調べた結果です.このときのシミュレーションは,図3中の「.dc TEMP -40 100 1」を用いています.ツェナー・ダイオード(D1)は,図2で調べたように温度係数(TC)が0.068%/℃で,1℃あたりの変化(∂VZ/∂T)に直すと7.47mV/℃です.この温度係数を,直列に接続したダイオード(D2,D3,D4,D5)の負の温度係数により打ち消し合って,0.2mV/℃の低い温度変化となり改善しています.百分率で表した微分温度係数は,式6となります.

・・・・・(6)


図4 図3のシミュレーション結果
温度 対 出力電圧(OUT)をプロット.

 次に,図3の弱点について考えます.図5は,電源電圧(VS)の変化による出力電圧(OUT)の変化です.図5のシミュレーションは,図3中の「.dc Vs 0 30 0.1」を用いています.図5では,電源電圧(VS)が15Vから高くなると,ツェナー・ダイオード(D1)からダイオード(D2,D3,D4,D5)へ流れる電流が多くなり,ダイオードの順方向電圧が大きくなることから,出力電圧の変化が大きくなる弱点があります.


図5 図3のシミュレーション結果
電源電圧(VS)対 出力電圧(OUT)をプロット.

 図6は負荷抵抗(RL)を削除し,ツェナー・ダイオード(D1)側に多くの電流が流れたときの消費電力の温度特性を示しました.図6では,ツェナー・ダイオード(EDZV11B)の電力が大きくなり,許容損失の150mWを超えてしまいます.


図6 図3のシミュレーション結果
負荷抵抗を外したときの各素子の消費電力.

●トランジスタを使い電流パス経路を設ける
 図3の弱点を対策した回路が図7となります.変更箇所は,ダイオード(D5)を削除し,許容損失(PD)1.6WのNPNトランジスタ(FZT849)と抵抗(R1)を追加しました.D5の負の温度係数は,NPNトランジスタ(Q1)のベース・エミッタの負の温度係数で代替します.また,コレクタは出力(OUT)に接続し,新たに電流のパス経路を設けました.この変更により,ツェナー・ダイオード(D1)とダイオード(D2,D3,D4)に流れる電流は少なくなるので,図5図6の弱点が対策できます.


図7 図3へNPNトランジスタQ1を設け,電流パスを作る

 図8は,温度の変化による出力電圧の変化です.D1の正の温度係数を,D2,D3,D4とQ1のベース・エミッタの負の温度係数で打ち消し-0.86mV/℃となります.これは式6と同様の計算をすると-0.0064%/℃です.


図8 図7のシミュレーション結果
温度 対 出力電圧(OUT)をプロット.

 図9は,電源電圧(VS)の変化による出力電圧(OUT)の変化です.図9は,図5の特性を改善した結果で電源電圧が15Vから高くなっても出力電圧の変化は小さくなります.


図9 図7のシミュレーション結果
電源電圧(VS)対 出力電圧(OUT)をプロット.

 図10は,負荷抵抗(RL)が無いときの温度変化による消費電力の変化を示します.図10は,図7のD1の消費電力を150mW以内に入るように対策した結果です.Q1の新たな電流経路により,ツェナー・ダイオード(D1)に流れる電流が少なくなるので18mWとなります.代わりにQ1の消費電力は919mWとなりますが,FZT849の許容損失は1.8W以内になります.


図10 図7のシミュレーション結果
負荷抵抗を外したときの各素子の消費電力.

■データ・ファイル

解説に使用しました,LTspiceの回路をダウンロードできます.
LTspice3_027.zip

●データ・ファイル内容
Zenner_Shunt_Ref_Temp_compensation_1.asc:図3の回路
Zenner_Shunt_Ref_Temp_compensation_2.asc:図7の回路

■LTspice関連リンク先


(1) LTspice ダウンロード先
(2) LTspice Users Club
(3) トランジスタ技術公式サイト LTspiceの部屋はこちら
(4) LTspice電子回路マラソン・アーカイブs
(5) LTspiceアナログ電子回路入門・アーカイブs

トランジスタ技術 表紙

CQ出版社オフィシャルウェブサイトはこちらからどうぞ

CQ出版の雑誌・書籍のご購入は、ウェブショップで!


CQ出版社 新刊情報



Interface 2017年 7月号

ラズパイ実験室 はじめてのIoT 2017

CQ ham radio 2017年 6月号

特集 144/430MHzの魅力再発見!

トランジスタ技術 2017年 6月号

特集 スマホ&大画面計測!私のハイパー実験室

Interface 2017年 6月号

新・科学計算ソフト ウルトラ大集合 DVD付き