ATmega48/88/168の主要な機能を豊富な図解と実例でわかりやすく解説

AVRマイコン・プログラミング入門【PDF版】

  • 新着コンテンツ
  • ダウンロード
コンテンツコード DP42131
著者 廣田 修一
発行元 CQ出版社
価格(ライセンス料金) 2,592円
仕様 B5変型判 351ページ PDF 約68Mバイト
発行日 2011/07/12
更新日 2013/06/10
  • サンプルを見る
  • CQ Webshopで商品を購入
  • カートに入れる
制限 ダウンロード制限: サービス停止まで
ライセンス条件 ●本書は著作物であり,著作権法により保護されています.本書の一部,または全部を著作権者に断りなく,複製または改変し他人に譲渡すること,インターネットなどに公開することは法律により固く禁止されています.違反した場合は,民事上の制裁および刑事罰の対象となることがあります.
●本書は,CQ出版社から出版された,2010年1月1日 初版発行の同タイトルの書籍をPDFファイルとしたものです.電子版制作の都合上,オリジナルの書籍と比べて,一部の書体や線の太さ・種類が変更になっている場合があります.また,電子版という性格から,オリジナルの書籍と同一のプリント品質は保証できません.ご了承ください.
●予告なく,本サービス(Tech Village 書庫&販売)を一時休止または終了することがあります.サービス休止時やサービス終了後は,本コンテンツをダウンロードまたは閲覧できなくなります.

解説

 マイコンが普及し始めた時期に8080A/Z80というマイコンを勉強された方も多いと思い ますが,シリアル通信やA-Dコンバータなどを接続すること自体がたいへんなことで,自由に使いこなすことはむずかしかった時代です.今,ワンチップ・マイコンには,組み込みシステムに必要な周辺回路は最初から搭載されていることが多く,必要な機能だけを利用するという使い方が自然です.しかし,機能が多い分,データシートを読むだけでは,なかなか理解が進みません.
 本書は,価格が手ごろで入手性のよいAtmel社のAVRマイコンのそれぞれの機能を説明した後,実際に動く回路とシンプルなプログラムを示しながら,実用的な電子工作への道しるべを示します.

目次

第1章 AVRマイコンについて
 1-1 ピンの割り当て
 1-2 マイコンの動作
 1-3 メモリ構造
 1-4 ISPプログラミング
 1-5 ATmega48/88/168の相違点(注意点)

第2章 開発環境について
 2-1 必要機材
 2-2 プログラム環境の準備
 2-3 プログラムの作成
 2-4 プログラムの書き込み
 2-5 動作確認
 2-6 デバッグ

第3章 ハードウェアの製作
 3-1 部品選定および配置検討
 3-2 回路設計

第4章 ソフトウェアの製作
 4-1 プログラムの構造
 4-2 メイン・ルーチンの設計
 4-3 サブルーチンの設計
 4-4 割り込みルーチンの設計
 4-5 ピンの初期設定
 Column…4-1 初期設定の必要性

第5章 アセンブラ命令の使い方
 5-1 データ転送命令(1バイト)
 5-2 データ転送命令(2バイト)
 5-3 ビット・セット/クリア命令
 5-4 ビット移動命令
 5-5 無条件ジャンプ
 5-6 分岐命令
 5-7 算術論理演算命令
 5-8 MCU制御命令
 5-9 擬似命令
 5-10 ステータス・レジスタ(SREG)について
 Column…5-1 スタックについて

第6章 メモリ・アクセス
 6-1 レジスタのアクセス
 6-2 内蔵SRAMのアクセス
 6-3 内部 EEPROMのアクセス
 6-4 プログラム・メモリのアクセス(テーブル・データの利用)
 6-5 スタック・ポインタのアクセス

第7章 割り込みについて
 7-1 割り込みベクタ・テーブルの定義
 7-2 使用上の注意点

第8章 各機能の使い方
 8-1 8ビット・タイマ(タイマ0,タイマ2)
 8-2 16ビット・タイマ(タイマ1)
 8-3 外部割り込み
 8-4 ピン変化割り込み
 8-5 A-D変換
 8-6 アナログ・コンパレータ
 8-7 PWM
 8-8 USART
 8-9 TWI(I2C)
 8-10 SPI

第9章 AVRマイコンを利用した工作例
 9-1 7セグメントLEDを使用した工作
 9-2 LCD(液晶表示器)を使用した工作

第10章 C言語による開発AVR GCC(WinAVR)
 10-1 WinAVRのインストール
 10-2 プログラムの作成手順
 10-3 プロジェクト・オプション
 10-4 デバッグ
 10-5 プログラムの記述ルール
 10-6 関数
 10-7 制御文
 10-8 データの型
 10-9 変数の通用範囲
 10-10 演算子
 10-11 プログラム例

第11章 AVRを活用するための補足
 11-1 ヒューズ・ビット
 11-2 ウォッチドッグ・タイマ
 11-3 スリープ・モード
 11-4 クロックの設定
 11-5 レジスタ一覧表
 11-6 アセンブラ・コマンド一覧表

AVRマイコン・プログラミング入門【PDF版】のレビュー

現在この本のレビューはありません

関連商品

このページのトップへ戻る

※「書庫&販売」は,有料・無料の電子版(PDF版など)の技術書籍や技術ドキュメントを提供するサイトです.決済方法はクレジット・カード(VISA,MasterCard,JCB,American Express,Diners Club)のみとなります
※ コンテンツを購入する際には,CQ出版社のオンライン・サポート・サイトである「CQ connect」のアカウントが必要です
※ 各著作コンテンツには使用条件(ライセンス条件)が規定されています.使用条件に従わないご利用(違法な複製・改変・配布など)は固くお断りします

価格検索

円 ~ 円 


CQ出版社の紙の書籍・雑誌の購入はこちらで