B級パワーアンプ,トランジスタの消費電力はいくつ?




『LTspice Users Club』のWebサイトはこちら

■問題

小川 敦 Atsushi Ogawa

 図1は,4Ωの負荷で10Wを出力することのできる,B級パワーアンプの出力部分のみを取り出して簡略化した回路です.NPNトランジスタとPNPトランジスタで構成しています.この回路に,出力が約10W(出力電圧6.3Vrms)となるような1kHzの信号を加えました.このとき,トランジスタQ1およびQ2の消費電力の合計値として最も近いのは,次の(A)~(D)のどれでしょう?


図1 B級パワーアンプの出力回路
4Ω負荷で10Wを出力している.
(A)3W (B)10W (C)20W (D)30W

■ヒント

 トランジスタの消費電力は,コレクタ・エミッタ間の電圧とコレクタ電流を掛け合わせたものです.出力電圧の変化によって,それぞれのトランジスタのコレクタ電流と,コレクタ・エミッタ間の電圧がどのように変化するのかを考え,負荷抵抗で発生する電力と比較すれば,答えがわかります.

 B級パワーアンプとは,パワーアンプの方式の一つで,B級プッシュプル・パワーアンプとも呼ばれます.無信号時には出力トランジスタには電流が流れておらず,信号の極性により,二つのトランジスタのどちらか一方が出力電流を供給します.B級パワーアンプは,ひずみ(クロスオーバひずみ)が大きいため,オーディオアンプとして使用されることはほとんどありません.オーディオアンプとしては,無信号時にも出力トランジスタに小さな電流が流れるようにした,AB級パワーアンプがよく使用されます.


■解答


(A)

 図1の回路は,B級パワーアンプなので,無信号時にトランジスタには電流が流れていません.出力信号が正側に振れたとき,トランジスタQ1が負荷抵抗(RL)に電流を供給するためQ2に電流が流れません.出力信号が大きいほどRLに流れる電流が大きくなり,コレクタ電流も大きくなりますが,コレクタ・エミッタ間電圧は小さくなります.
 また,出力信号が負側に振れたとき,Q1には電流が流れず,Q2がRLに流れる電流を供給します.Q2のコレクタ電流も信号が大きいほど大きくなり,コレクタ・エミッタ間電圧は小さくなります.
 このような動作を踏まえて,B級パワーアンプで最大出力を出しているときの,トランジスタの消費電力を計算すると,負荷で発生する電力の27%になります.最大出力10Wのアンプでは2.7Wです.(A)~(D)で2.7Wに一番近いのは(A)の3Wです.そのため正解は(A)ということになります.

■解説

●B級パワーアンプの動作
 トランジスタの消費電力を計算する前に,B級パワーアンプの動作について考えてみます.まず,図1の回路で10Wを出力できるようにするには,電源電圧をいくつにすればよいかを計算します.通常の回路では,Q1,Q2のベース電圧はVccおよびVeeで制約されます.しかし,今回は,Q1,Q2のベース電圧がVccおよびVeeで制約されない前提で計算します.負荷抵抗(RL)に発生する電力(PL)は出力電圧をVOとすると式1で計算できます.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1)

 この式を変形してVOを求め,値を代入すると式2のようにVOは,6.3Vrmsとなります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2)

 6.3Vは,実効値なのでVOのピーク値は√2倍した8.9Vです.8.9V出力できるようにするため,電源電圧は若干の余裕を見て±9Vとします.そのためにVcc,Vee共に9Vに設定します.
 次に,この回路の動作を考えてみます.図1において,無信号時は入力端子(In)の電圧は0Vです.また,負荷抵抗(RL)はGNDに接続されているため,出力端子(Out)の電圧も0Vです.そのため,トランジスタQ1,Q2ともにベース・エミッタ間電圧は0Vとなり,どちらもコレクタ電流は流れません.
 入力信号が正側に増加し,約0.7Vよりも大きくなると,トランジスタQ1が動作を始めます.入力電圧の上昇に伴って,Q1のエミッタ(Out)の電圧も上昇し,RLに電流を供給します.
 次に,入力信号が負側に増加し,約0.7Vよりも大きくなると,トランジスタQ2が動作を始めます.入力電圧の下降に伴って,Q2のエミッタ(Out)の電圧が下降し,RLに電流を供給します.このように,入力電圧が±0.7V以内では出力電圧が変化しない不感帯が存在するため,出力波形はゼロ・クロス付近でひずみます.このひずみをクロスオーバひずみと呼びます.

●B級パワーアンプの動作をシミュレーションする
 図2は,図1のシミュレーション用の回路図です.出力振幅のピーク値が8.9Vになるよう,VinはQ1,Q2のベース・エミッタ間電圧を加算した,片側ピーク電圧9.7Vで1kHzの正弦波とします.


図2 図1の回路のシミュレーション用の回路
片側ピーク電圧9.7V,1kHzの正弦波を加えている.

 図3はそのシミュレーション結果です.図3の中段Bは入力端子(In)の電圧と出力端子(Out)の電圧です.また,下段Cは,中段Bの1msec付近の波形を拡大表示したものです.V(In)が±0.7V以内のときは,V(Out)は0Vですが,±0.7Vよりも大きくなると,V(In)に追従した電圧となっていることがわかります.また,出力波形はゼロクロス付近に段差があり,クロスオーバひずみが発生していることがわかります.
 図3の上段Aは,Q1,Q2のコレクタ電流を表示しています.V(In)が正電圧のときは,Q1のみに電流が流れ,Q2のコレクタ電流は0となっています.逆に.V(In)が負電圧のときは,Q2のみに電流が流れ,Q1のコレクタ電流は0となっていることがわかります.


図3 図2のシミュレーション回路
V(In)が±0.7V以内のときは,V(Out)は0Vとなっている.

●トランジスタの消費電力を計算する
 次にトランジスタの消費電力を計算してみます.Q1のコレクタ電流(IC1)は出力電圧の絶対値をVOPとすると式3となります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(3)

 Q1の消費電力(PQ1)は正電源の値をVccとすると,式4になります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・(4)

 「Vcc=Vee」として出力電圧の絶対値をVOPとすると,Q2の消費電力(PQ2)も式4で計算することができます.出力電圧が正弦波の場合,PQ1は正の半サイクルでは式4で表されますが,負の半サイクルは0になります.また.PQ2は正の半サイクルで0になり,負の半サイクルは式4で表されます.したがって,正弦波1周期のQ1+Q2の消費電力(PQ)の平均値は式4を使用して,半サイクル期間の平均値を求めればよいことになります.出力電圧を「VOP*sin(ωt)」という正弦波とすると,式4は式5に変形できます.

・・・・・(5)

 出力最大の状態である「VOP=Vcc」として,式5の正の半サイクルの平均値を計算すると式6になります.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(6)

 「VOP=Vcc」のとき,負荷抵抗で発生する電力はVcc2/(2*RL)です.式6より,トランジスタの消費電力は負荷抵抗で発生する電力に「(4-π)/π=0.27」を掛けたものになることがわかります.つまり,B級パワーアンプで最大出力を出しているときの,トランジスタの消費電力は,負荷抵抗で発生する電力の27%になります.A級パワーアンプではトランジスタの消費電力は負荷抵抗で発生する電力の3倍ですから,B級パワーアンプは大幅に効率が良いことがわかります.

●トランジスタの消費電力をシミュレーションする
 図4は,図2の回路の消費電力のシミュレーション結果です.下段が出力電圧波形,中段が負荷抵抗の消費電力,上段がトランジスタQ1,Q2の消費電力を足し合わせたものです.出力電力は計算よりも若干少ない9Wですが,トランジスタの消費電力は,ほぼ計算通りの2.78Wとなっています.


図4 図2の回路の消費電力のシミュレーション結果
トランジスタの消費電力はほぼ計算通りの2.78Wとなっている.

●AB級パワーアンプをシミュレーションする
 図5は,図2の回路にバイアス電源を追加してAB級パワーアンプとしたものです.入力電圧が0Vのときも,Q1とQ2のベース・エミッタ間には0.7Vの電圧が加わることになります.そのため,無信号時にもQ1とQ2には小さな電流が流れることになります.そして,入力電圧が少しでも大きくなると,それに対応して出力電圧が大きくなります.つまりB級パワーアンプのような不感帯が無いため,B級パワーアンプに比べるとクロスオーバひずみが小さくなります.


図5 バイアス電源を追加したAB級パワーアンプ
無信号時にもQ1,Q2には小さな電流が流れる.

 図6は,図5のシミュレーション結果です.図3と比べてクロスオーバひずみが小さくなっていることがわかります.また,Q1,Q2のコレクタ電流のつながりもなめらかになっています.図5では理想電圧源を使ったバイアス回路になっていますが,実際はダイオードやトランジスタを使った,様々なバイアス回路が考案され使われています.


図6 AB級パワーアンプのシミュレーション結果
B級パワーアンプに比べ,クロスオーバひずみが大幅に改善されている.

■データ・ファイル

解説に使用しました,LTspiceの回路をダウンロードできます.
LTspice2_037.zip

●データ・ファイル内容
ClassB.asc:図2の回路
ClassAB.asc:図5の回路

■LTspice関連リンク先


(1) LTspice ダウンロード先
(2) LTspice Users Club
(3) トランジスタ技術公式サイト LTspiceの部屋はこちら
(4) LTspice電子回路マラソン・アーカイブs
(5) LTspiceアナログ電子回路入門・アーカイブs

トランジスタ技術 表紙

CQ出版社オフィシャルウェブサイトはこちらからどうぞ

CQ出版の雑誌・書籍のご購入は、ウェブショップで!


CQ出版社 新刊情報



ディジタル信号処理シリーズ

やり直しのための通信数学【オンデマンド版】

トランジスタ技術 2017年 8月号

シミュレータで早分り!電子回路教科書

エレクトロニクス実務シリーズ

復刻版 センサ活用141の実践ノウハウ【オンデマンド版】

トランジスタ技術SPECIAL

実践式!トランジスタ回路の読解き方&組合せ方入門(TRSP No.139)

Interface 2017年 8月号

算数&ラズパイから始める人気AI ディープ・ラーニング