SimulinkとReal-Time Workshopを使った

MATLABによる組み込みプログラミング入門【PDF版+サンプル・ファイル】

  • 新着コンテンツ
  • ダウンロード
コンテンツコード DP37174
著者 大川 善邦
発行元 CQ出版社
価格(ライセンス料金) 2,484円
仕様 B5変形判 283ページ PDF 約17Mバイト
発行日 2012/06/01
更新日 2012/05/22
  • サンプルを見る
  • CQ Webshopで商品を購入
  • カートに入れる
制限 ダウンロード制限: サービス停止まで
ライセンス条件 ●本書は著作物であり,著作権法により保護されています.本書の一部,または全部を著作権者に断りなく,複製または改変し他人に譲渡すること,インターネットなどに公開することは法律により固く禁止されています.違反した場合は,民事上の制裁および刑事罰の対象となることがあります.
●本書は,CQ出版社から出版された,2010年9月1日 第4版発行の同タイトルの書籍をPDFファイルとしたものです.電子版制作の都合上,オリジナルの書籍と比べて,一部の書体や線の太さ・種類が変更になっている場合があります.また,電子版という性格から,オリジナルの書籍と同一のプリント品質は保証できません.ご了承ください.
●予告なく,本サービス(Tech Village 書庫&販売)を一時休止または終了することがあります.サービス休止時やサービス終了後は,本コンテンツをダウンロードまたは閲覧できなくなります.

解説

※ 原本ではCD-ROMに収録していたサンプル・ファイルについて.
 ご購入いただいた方を対象に,ZIPファイル形式でご提供しております.ダウンロード先URLとZIPファイルの解凍パスワードは個別にお知らせいたしますので,以下のメールアドレス宛にお名前,注文番号(ご購入時のメールに記載)などをお知らせください.メールの件名は「電子書籍付録の入手について」としてください.
 ダウンロード問い合わせ先メールアドレス shop@cqpub.co.jp

 組み込みのアプリケーションを開発する過程においても,モデル・ベースド・デザインの手法が浸透してきました.モデル・ベースド・デザインの主たる目的は,開発過程を一貫した手法によって統一し,生産性を高めるというところにあります.
 MATLABとそのプロダクト・ファミリは,モデル・ベースド・デザインを実現する一つの手段を提供しています.
 本書では,MATLAB,Simulink,Real-Time Workshopを使って,ブロック線図でモデルを組み立て,シミュレーションを実行し,Cプログラムを生成するまでの過程をとおし,MATLABとSimulinkの利用方法の基礎を学びます.

目次

第1章 MATLAB導入の前に
 1.1 はじめに
 1.2 二つのスキット
 1.3 MATLABの誕生
 1.4 MATLABの構造
 1.5 組み込みプログラムの開発
 1.6 実装過程の問題

第2章 MATLABの基本フレームワーク
 2.1 はじめに
 2.2 MATLABのスタート
 2.3 MATLABの関数
 2.4 ベクトルとマトリックス
 2.5 多項式の解法
 2.6 MATLABのグラフ
 2.7 M-ファイルによるプログラミング
 2.8 微分方程式の解法
 2.9 MATLABのGUI

第3章 MATLABの外部インターフェース
 3.1 はじめに
 3.2 データの入出力
 3.3 Excelとのデータ入出力
 3.4 音声データの処理
 3.5 画像データの処理
 3.6 シリアル通信
 3.7 MATLABのコンパイラ
 3.8 MATLABの展望

第4章 ブロック線図によるシミュレーション
 4.1 はじめに
 4.2 Simulinkスタート
 4.3 モータの速度制御
 4.4 宇宙船の動力学モデルの構築
 4.5 データの入出力問題
 4.6 時間最適制御の解
 4.7 PID制御
 4.8 制御理論からの考察
 コラム t=0のデータを得るために

第5章 Simulinkにおける剛体運動のモデリング
 5.1 はじめに
 5.2 宇宙船の剛体モデル
 5.3 問題の整理
 5.4 剛体モデルの構築
 5.5 クオタニオンによるモデル
 5.6 統合モデルによるシミュレーション
 5.7 統合モデルによるPD制御

第6章 カスタム・ブロックのプログラミング
 6.1 はじめに
 6.2 Simulinkのカスタム・ブロック
 6.3 M-ファイルのカスタム・ブロック
 6.4 レベル2のカスタム・ブロック
 6.5 宇宙船モデルのためのブロック
 6.6 シミュレーションの実行と管理

第7章 Cプログラムによるカスタム・ブロック
 7.1 はじめに
 7.2 ハロー・ワールド
 7.3 連続系におけるC MEX S-Function
 7.4 宇宙船の運動方程式
 7.5 パラメータの設定を外部から行う
 7.6 剛体の回転運動のカスタム・ブロック

第8章 ビルダによるカスタム・ブロック
 8.1 はじめに
 8.2 ハロー・ワールド
 8.3 Cプログラムの検討
 8.4 入出力ポートの拡張
 8.5 モータの速度制御
 8.6 宇宙船の並進運動
 8.7 宇宙船の回転運動
 8.8 入力ポートの次元の設定について

第9章 Cプログラムのビルド
 9.1 はじめに
 9.2 モデル・ベースド・デザインの世界へ
 9.3 Real-Time Workshopの概要
 9.4 ハロー・ワールド
 9.5 出力データのロギング
 9.6 微分方程式のビルド
 9.7 PD制御問題のビルド

第10章 ビルド過程のカスタマイズ
 10.1 はじめに
 10.2 ハロー・ワールド
 10.3 ファイルの検討
 10.4 ブロックのビルド過程の解析
 10.5 微分方程式を含むモデル

第11章 プログラムの管理と実行の分離
 11.1 はじめに
 11.2 ハロー・ワールド
 11.3 シリアル通信による実行
 11.4 パラメータの調整
 11.5 カスタム・コードの書き込み
 11.6 PD制御問題の周波数応答
 11.7 宇宙船の回転運動の周波数応答
 11.8 宇宙船の動特性

おわりに
参考文献

MATLABによる組み込みプログラミング入門【PDF版+サンプル・ファイル】のレビュー

現在この本のレビューはありません

関連商品

このページのトップへ戻る

※「書庫&販売」は,有料・無料の電子版(PDF版など)の技術書籍や技術ドキュメントを提供するサイトです.決済方法はクレジット・カード(VISA,MasterCard,JCB,American Express,Diners Club)のみとなります
※ コンテンツを購入する際には,CQ出版社のオンライン・サポート・サイトである「CQ connect」のアカウントが必要です
※ 各著作コンテンツには使用条件(ライセンス条件)が規定されています.使用条件に従わないご利用(違法な複製・改変・配布など)は固くお断りします

価格検索

円 ~ 円 


CQ出版社の紙の書籍・雑誌の購入はこちらで