OPアンプ大全 第1巻

OPアンプの歴史と回路技術の基礎知識【PDF版】

  • 新着コンテンツ
  • ダウンロード
コンテンツコード DP36103
著者 アナログ・デバイセズ株式会社
発行元 CQ出版社
価格(ライセンス料金) 2,592円
仕様 A5判 257ページ PDF 約8Mバイト
発行日 2011/10/01
更新日 2014/02/17
  • サンプルを見る
  • CQ Webshopで商品を購入
  • カートに入れる
制限 ダウンロード制限: サービス停止まで
ライセンス条件 ●本書は著作物であり,著作権法により保護されています.本書の一部,または全部を著作権者に断りなく,複製または改変し他人に譲渡すること,インターネットなどに公開することは法律により固く禁止されています.違反した場合は,民事上の制裁および刑事罰の対象となることがあります.
●本書は,CQ出版社から出版された,2009年11月1日 第3版発行の同タイトルの書籍をPDFファイルとしたものです.電子版制作の都合上,オリジナルの書籍と比べて,一部の書体や線の太さ・種類が変更になっている場合があります.また,電子版という性格から,オリジナルの書籍と同一のプリント品質は保証できません.ご了承ください.
●予告なく,本サービス(Tech Village 書庫&販売)を一時休止または終了することがあります.サービス休止時やサービス終了後は,本コンテンツをダウンロードまたは閲覧できなくなります.

解説

 OPアンプ(演算増幅器)は,現在ではあらゆるアナログ信号処理の場面で利用されています.これほど一般化され,多種類にわたる製品が送り出されているアナログICは他に類を見ません.
 本書は,OPアンプをはじめとする各種高精度アナログICのメーカとして著名な米国アナログ・デバイセズ社が発行した“Op Amp Applications”の前半の2部を翻訳したものです.「第1部」では,OPアンプの誕生から現在にいたる開発の歴史を,その回路構成,設計技術を含めて解説しています.また「第2部」では,OPアンプの内部構造,動作特性とその回路技術,電圧帰還型OPアンプと電流帰還型OPアンプの特徴,高精度アンプと高速アンプの回路的特徴など,OPアンプの基本について解説しています.同社アプリケーション・エンジニアによる詳細かつ正確な技術情報から,自信をもってOPアンプを使いこなすための基礎知識が身につきます.

目次

第1部 OPアンプの歴史

 第1章 イントロダクション
  1-1 OPアンプの登場まで
  1-2 ブラックのフィードバック・アンプ

 第2章 電子管式OPアンプ
  2-1 差動アンプの技術開発
  2-2 OPアンプとアナログ・コンピュータの開発
   ●カール・スワーツェルのOPアンプ
   ●ベル研究所から見たM9システム
   ●世界的に見たM9システム
  2-3 OPアンプの命名
  2-4 電子管OPアンプの発展
   ●電子管チョッパ型OPアンプ
   ●OPアンプの非反転入力の使用
   ●ジョージ・フィルブリックとGAP/R社
   ●電子管OPアンプのたそがれ

 第3章 ソリッドステート技術によるモジュール型およびハイブリッド型OPアンプ
  3-1 トランジスタの誕生
  3-2 集積回路の誕生
  3-3 プレーナ・プロセス
  3-4 ソリッドステートによるモジュール型/ハイブリッド型OPアンプの設計
   ●バラクタ・ブリッジ型OPアンプ
   ●アナログ・デバイセズ社の誕生
   ●バラクタ・ブリッジ型OPアンプ,モデル3xxシリーズ
   ●さまざまなOPアンプのカテゴリ
   ●モデル121型OPアンプ
   ●アナログ・ダイアログ誌の誕生
   ●高速FET OPアンプ・ファミリの設計

 第4章 IC OPアンプ
  4-1 モノリシックICによるOPアンプの誕生
   ●μA709
   ●LM101
   ●μA741
   ●LM101A
   ●μA748
   ●1パッケージに複数の741が実装されているタイプ,汎用単電源タイプ
   ●AD741…高精度な741
  4-2 スーパーベータIC OPアンプ…LM108からOP97へ
   ●AD508とAD517
   ●高精度バイポーラIC OPアンプ…μA725からOP07ファミリへ
   ●OP27とOP37
   ●OP07とコンパチブルで単電源/小型パッケージ化
   ●高精度JFET IC OPアンプ…AD503からAD820,AD822,AD824,AD823ファミリへ
   ●AD711/712/713,OP249 IC OPアンプ
   ●電位計用のIC OPアンプ
   ●低ノイズJFET IC OPアンプAD743/745
   ●AD820/822/824,AD823シリーズJFET IC OPアンプ
   ●高速IC OPアンプ
   ●フランク・グッディナフの『エレクトロニック・デザイン』誌におけるOPアンプの記事
  COLUMN 回想 ボブ・ワイドラー…リニアICの先駆者の人柄

第2部 OPアンプの基礎

 第1章 イントロダクション
  1-1 理想OPアンプの特性
  1-2 標準的なOPアンプのフィードバック接続
   ●非反転増幅回路
   ●反転増幅回路
   ●差動増幅回路
  1-3 理想ではないOPアンプ…有限のゲインによって引き起こされる定常誤差
   ●ノイズ・ゲイン(NG)
   ●ゲインの安定性
   ●ループ・ゲイン
   ●ループ・ゲインの周波数依存性
  1-4 OPアンプのコモンモード・ダイナミック・レンジ
   ●出力のダイナミック・レンジ
   ●入力のダイナミック・レンジ
  1-5 両電源と単電源OPアンプの機能的な違い
  1-6 OPアンプの選定条件
  COLUMN 歴史の一場面

 第2章 OPアンプの回路構成
  2-1 電流帰還型アンプの基本
  2-2 真空管を使用した電流帰還型アンプ

 第3章 OPアンプの構造
  3-1 単一電源OPアンプの課題
  3-2 OPアンプの入力段
   ●バイポーラ入力段
   ●バイアス電流補償型バイポーラ入力段
   ●バイアス電流補償型スーパーベータ・バイポーラ入力段
   ●FET入力段
   ●レール・ツー・レール入力段
   ●入力の過電圧に関する注意事項を忘れずに
  3-3 出力段
   ●出力段のサージ保護
   ●オフセット電圧のトリミング・プロセス
  3-4 OPアンプのプロセス技術

 第4章 OPアンプの特性仕様
  4-1 入力オフセット電圧VOS
   ●オフセット調整(内部回路による調整)
   ●オフセット調整(外部回路による調整)
   ●入力オフセット電圧ドリフトとエージング効果
  4-2 入力バイアス電流IB
   ●バイアス電流の影響の除去(外部回路)
   ●IBとVOSによる出力オフセット誤差の計算
  4-3 入力インピーダンス
  4-4 OPアンプのノイズ・ゲインと信号ゲインの取り扱い
  4-5 オープンループ・ゲインとオープンループ・ゲインの非直線性
  4-6 OPアンプの周波数応答
   ●周波数応答…スルー・レートとフルパワー・バンド幅
   ●周波数応答…セトリング時間
   ●周波数応答…電圧帰還型OPアンプの利得帯域幅積
   ●周波数応答…電流帰還型OPアンプ
   ●帯域幅の平坦度
  4-7 OPアンプのノイズ
   ●ポップコーン・ノイズ
   ●ノイズの実効値に関する考察
   ●トータル出力ノイズの計算
  4-8 OPアンプの歪み
  4-9 同相信号除去比(CMRR)と電源変動除去比(PSRR)
   ●電源とデカップリング
   ●電源と消費電流

 第5章 高精度OPアンプ
  5-1 高精度OPアンプの直流誤差の解析
  5-2 チョッパ・スタビライズド・アンプ
  5-3 チョッパ・スタビライズドOPアンプのノイズに関する考察

 第6章 高速OPアンプ
  6-1 電圧帰還型OPアンプ
   ●コンプリメンタり・バイポーラ・プロセスにより設計された電圧帰還型OPアンプ
   ●新しい電圧帰還型OPアンプの構成…カレント・オン・デマンド,低電力,そしてスルー・レートの改善
  6-2 電流帰還型OPアンプ
  6-3 OPアンプの帰還容量の影響
  6-4 高速の電流-電圧変圧器と反転入力端子の入力容量の影響
  6-5 電圧帰還型と電流帰還型OPアンプでのノイズの比較
  6-6 高速OPアンプのDC特性

 索引

OPアンプの歴史と回路技術の基礎知識【PDF版】のレビュー

現在この本のレビューはありません

関連商品

このページのトップへ戻る

※「書庫&販売」は,有料・無料の電子版(PDF版など)の技術書籍や技術ドキュメントを提供するサイトです.決済方法はクレジット・カード(VISA,MasterCard,JCB,American Express,Diners Club)のみとなります
※ コンテンツを購入する際には,CQ出版社のオンライン・サポート・サイトである「CQ connect」のアカウントが必要です
※ 各著作コンテンツには使用条件(ライセンス条件)が規定されています.使用条件に従わないご利用(違法な複製・改変・配布など)は固くお断りします

価格検索

円 ~ 円 


CQ出版社の紙の書籍・雑誌の購入はこちらで